メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いすみ鉄道

鳥塚社長退任へ 地域の誇れる財産 今後は全国のローカル線支援 /千葉

いすみ鉄道大多喜駅のホームに立ち、「今後もいすみ鉄道を見守っていきたい」と話す鳥塚亮さん=千葉県大多喜町で2018年5月19日、金沢衛撮影

 第三セクター「いすみ鉄道」(本社・大多喜町)で公募社長を9年間務めてきた鳥塚亮さん(57)が6月12日、退任する。29日にあった取締役会で承認された。地域と連携した独創的な企画や発信力で全国に注目されるローカル線に押し上げた経験を生かし、今後は存続の危機にある全国のローカル線支援に乗り出すつもりだ。【金沢衛】

 いすみ鉄道(大原-上総中野、26・8キロ)は1988年、JR木原線を引き継いだ。だが毎年1億円以上…

この記事は有料記事です。

残り610文字(全文816文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 災害時…電気、ガス、水が乏しくてもポリ袋で簡単調理

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです