ハナショウブ

見ごろ迎える 堀切菖蒲園 /東京

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 葛飾区堀切2の堀切菖蒲園(しょうぶえん)に植えられた約200種、6000株のハナショウブが見ごろを迎え、来場者を楽しませている。江戸時代の1800年ごろから栽培されてきたと言われ、歌川広重らの錦絵の題材にもなった。管理事務所などによると、今年は5月12日に一番花が開花。1週間ほど早いペースで開花が…

この記事は有料記事です。

残り176文字(全文326文字)

あわせて読みたい

ニュース特集