メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安曇野市スポーツ大使

有森裕子さんに委嘱 /長野

 安曇野市は、市のスポーツ振興や市民の健康づくりで協力や助言を受けるため、元女子マラソン選手の有森裕子さん(51)を安曇野市スポーツ大使に委嘱すると発表した。

     スポーツ大使委嘱は有森さんが第1号。有森さんは1992年のバルセロナ五輪女子マラソンで銀メダル、96年のアトランタ五輪で銅メダルを獲得するなど活躍した。安曇野市が2015年から開いている信州安曇野ハーフマラソンにゲストランナーとして毎年参加している。市民に親しまれ、知名度もあり、市は大使を委嘱することにした。委嘱の期限は設けず、市民へのスポーツ指導やスポーツイベントへの参加、安曇野市の情報発信など幅広く関わってもらうという。

     6月3日に開く第4回信州安曇野ハーフマラソン当日、有森さんが出席し、開会式前に委嘱式を行う。【小川直樹】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
    2. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
    3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
    4. 大阪震度6弱 M6.1 3人死亡91人けが
    5. 大阪震度6弱 電車脱線、シマウマ脱走…デマ拡散 注意を

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]