メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企画展

「斎宮跡」で平安期の出土品 海越えた青磁、白磁を展示 7月16日まで、明和・歴史博物館 /三重

 国史跡「斎宮跡」で出土した逸品を展示するエントランス企画展「海を越えてやってきた青磁、白磁」が29日、明和町竹川の斎宮歴史博物館で始まった。7月16日まで。

 必見は平安時代の出土品の中でひときわ異彩を放つ青磁と白磁各1点。中国大陸で作られ、船で運ばれたとみられる。青みを帯びた釉薬(ゆうやく)がかかった青磁は直径14センチで、2001年調査で斎宮西加座で見つかった…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文459文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです