オオムラサキ

輝き放ち、羽化 日報連福知山支部、大地さん飼育 /京都

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 福知山市厚中町の日報連福知山支部会員、大地洋次郎さん(77)方の飼育小屋で、国蝶(こくちょう)オオムラサキの羽化が始まった。今年最初の羽化は28日正午ごろ。雄がさなぎの殻を破り、光沢のある青紫色の羽を広げた。

 愛蝶家でもある大地さんは、18年前からオオムラサキの人工飼育に取り組んでいる。今年は昨年…

この記事は有料記事です。

残り139文字(全文289文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集