メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
みどりの愛護功労者国土交通大臣表彰

「天下一ひむか桜の会」受賞 五ケ瀬川堤防を河津桜と菜の花で名所に /宮崎

 延岡市中心部を流れる五ケ瀬川の堤防を河津桜300本と菜の花100万本で彩り「花の名所」とした市民グループ「天下一(てんがいち)ひむか桜の会」が「みどりの愛護」功労者国土交通大臣表彰を受賞し、延岡市の延岡河川国道事務所で29日、報告会があった。【勝野昭龍】

 活動のきっかけは2008年春、松田庄司会長(75)が、延岡高の同級生=関東在住=から受けた「ふるさとに恩返しがしたい。花の名所をつくろう」との言葉だった。九州ではあまり見かけ…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文542文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 防衛相、GSOMIA破棄の「間隙突いた」 北朝鮮弾道ミサイル

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです