メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメリカンフットボール

悪質タックル 関東学連、日大・内田前監督を除名 井上元コーチも 指示を認定

日本大アメリカンフットボール部の内田正人前監督らへの処分を発表する記者会見で、冒頭に謝罪する関東学生アメリカンフットボール連盟の柿沢優二理事長(左)ら=東京都中央区で2018年5月29日午後9時11分、小川昌宏撮影

 日本大アメリカンフットボール部による悪質タックルについて調査した関東学生連盟は29日、内田正人前監督(62)と井上奨(つとむ)元コーチ(29)を最も重い除名処分としたと発表した。事実上の永久追放処分となる。内田前監督と井上元コーチの主張は虚偽と断じ、反則行為を指示していたと判断した。

部と反則選手、今季出場停止

 関東学連によると、森琢ヘッドコーチは2番目に重い資格剥奪(登録抹消)、悪質なタックルで関西学院大選手を負傷させた宮川泰介選手(20)とチームに対しては今季の公式試合出場停止処分とした。ただし、宮川選手とチームへの処分は、再発防止策などの理事会承認を条件に解除するとしており、今秋のリーグ戦に出場する可能性は残された。また、関東学連による除名処分は初めてで、1カ月以内に開催予定の加盟チーム代表らによる社員総会で承認を得る必要がある。

 関東学連によると、理事ら4人で構成する規律委員会は日大、関学大の関係者や審判ら約20人から聞き取り…

この記事は有料記事です。

残り874文字(全文1297文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  2. ORICON NEWS 高橋留美子くくりで『全るーみっくアニメ大投票』受付開始だっちゃ

  3. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

  4. 特集ワイド 朝鮮語に生きた塚本勲さん、85歳の怒りと執念 隣国理解、まず言葉から 韓国たたきばかりの政治・マスコミ

  5. 松井・大阪市長「汚染処理水の受け入れ」可能性に言及

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです