メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

平成の軌跡 政府の震災対応

神戸市長田区の火災現場で救助活動にあたる自衛隊員ら。阪神大震災の対応は大きな教訓となった=神戸市長田区で1995年1月18日、中村琢磨撮影

 1995年1月17日の阪神大震災は犠牲者6434人を数え、2011年3月11日の東日本大震災は死者1万5895人の被害をもたらした。平成は「大災害の時代」と位置付けられる。阪神大震災の教訓から作られた公益財団法人・ひょうご震災記念21世紀研究機構理事長の五百旗頭真氏(74)とともに政府の震災対応と課題を考える。【聞き手・岸俊光】

この記事は有料記事です。

残り3658文字(全文3824文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中東 動物兵器、うごめく
  2. 丸山氏、衆院理事会の聴取欠席 「2カ月の休養必要」という診断書提出
  3. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
  4. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  5. 自民党・石破茂さんインタビュー 「冷や飯」の味を語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです