特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

論点

平成の軌跡 政府の震災対応

神戸市長田区の火災現場で救助活動にあたる自衛隊員ら。阪神大震災の対応は大きな教訓となった=神戸市長田区で1995年1月18日、中村琢磨撮影
神戸市長田区の火災現場で救助活動にあたる自衛隊員ら。阪神大震災の対応は大きな教訓となった=神戸市長田区で1995年1月18日、中村琢磨撮影

 1995年1月17日の阪神大震災は犠牲者6434人を数え、2011年3月11日の東日本大震災は死者1万5895人の被害をもたらした。平成は「大災害の時代」と位置付けられる。阪神大震災の教訓から作られた公益財団法人・ひょうご震災記念21世紀研究機構理事長の五百旗頭真氏(74)とともに政府の震災対応と課題を考える。【聞き手・岸俊光】

この記事は有料記事です。

残り3658文字(全文3824文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集