メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

イタイイタイ病認定50年 住民苦闘の歴史、未来に=田倉直彦(大阪学芸部)

1972年、企業を相手にイタイイタイ病患者、遺族が起こした訴訟の控訴審に勝ち、感激に涙する原告の患者たち=名古屋高裁金沢支部前で

 イタイイタイ病が国内初の公害病に認定されて今月で50年。20年前の富山支局員時代からこの問題を追い、今年3月以後、被害を受けた富山県の神通川流域で現状を取材した。被害住民は原因企業との訴訟を経て環境改善に取り組み、神通川のカドミウム濃度は自然界レベルとなった。汚染田の土壌復元も完了。イ病の前駆症状である腎臓障害を患う人の救済が残された課題だったが、企業が一時金を払う制度が設けられ、住民側は「全面解決」に合意した。

 全ては多くの困難を克服してきた住民運動の成果だ。住民の苦難の軌跡は教訓として語り継がなくてはならないが、半世紀を経て、運動の先頭に立ってきた中の存命者は1人だけになった。当事者に依存しない、新たな継承方法が求められている。

この記事は有料記事です。

残り1720文字(全文2041文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 視聴室 美女と焼肉

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです