メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イタリア

政局混乱、国債急落 12年以来の債務危機懸念も

 【ロンドン三沢耕平】ユーロ圏3位の経済大国、イタリアの政治混乱が止まらない。3月4日の総選挙以降、欧州連合(EU)懐疑派政党が主導権を握る中で事実上の政治空白が続き、今秋にも再選挙が実施される見通しが強まっている。金融市場ではユーロやイタリア国債を売る動きが広がり、債務危機に見舞われた2012年以降で最大の経済混乱に陥る懸念が出てきた。

 3月の総選挙では過半数を獲得する政党がなく、32%の得票率だったポピュリズム(大衆迎合主義)政党の「五つ星運動」と18%の得票率だった右派「同盟」(旧・北部同盟)が18日に連立政権の樹立で合意、首相に推薦されたフィレンツェ大教授のコンテ氏が組閣作業に入った。しかし、ユーロ離脱を主張するサボナ氏の経済相起用をマッタレッラ大統領が承認しなかったため、組閣断念に追い込まれた。

この記事は有料記事です。

残り693文字(全文1050文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. ディエゴ・マラドーナさん死去 60歳 サッカー界の「レジェンド」

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. サッカーJ1川崎が最速リーグV 2年ぶり3度目 勝ち点など記録ずくめ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです