メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

内外株式市場は何を語っているか=リコー経済社会研究所常任参与・稲葉延雄

 内外の株式市場は堅調である。これが、この先の世界経済の好調さを示唆していると考えてよいのであろうか。

 よく知られているように、株式市場は日々、上場企業の将来収益を予測しながら株価形成を繰り返している。従って株価が堅調であれば、将来の企業業績ひいては一国経済は良好であると類推できる。株式市場が先読みをするといわれるゆえんである。しかし、その際には次のような最近の事情に留意が必要である。

 第一に、特に米国市場で目立つが、市場を代表する大手企業の経済活動と一国経済の動向とが乖離(かいり)…

この記事は有料記事です。

残り458文字(全文702文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 平尾誠二さん死去 800人が感謝 山中所長「治せなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです