メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

+2℃の世界

適応の現場から/1 暑さに強いコメ、ブランド化

「新之助」の苗を植えたばかりの田んぼを見守る高塚俊郎さん。暑さに強い新品種への期待は大きい=新潟市秋葉区で18日、大場あい撮影

 <くらしナビ 環境>

 地球温暖化に伴う被害を回避・軽減する「適応」。連載「+2℃の世界 適応の現場から」では、地域などで進む取り組みを中心にリポートする。初回は、日本人の主食・コメ。暑さに弱いコシヒカリが主力品種の新潟県では、高温耐性品種「新之助」を開発し、ブランド化を狙う。

 近くを阿賀野川が流れる新潟市秋葉区満願寺。イネを干すのに使う木が立ち並ぶ「稲架木(はさぎ)並木」そばの水田で、植えられたばかりの新品種「新之助」の葉が風に揺れていた。「日照不足に見舞われた去年も品質は悪くなかった。今年暑くなればもっといいコメができる」。タカツカ農園の高塚俊郎代表(47)は力強く語った。

 新之助は、新潟県が「暑さに強くておいしいコメ」として開発した高温耐性品種だ。粒が大きくてかみ応えが…

この記事は有料記事です。

残り1731文字(全文2073文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  3. 伏兵中村の歓喜 内に秘めた「主役交代」の誓い MGC

  4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  5. 世界経済・見て歩き 中国・華西村 「金持ち村」の今 錬金術あだ、火の車 需要無視し過剰投資

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです