メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読み解きワード

公的医療保険制度 高齢世代を現役が支援

 日本の医療保険制度は、国民全員が加入する「国民皆保険」ですが、会社員、自営業者、定年退職した人といった立場によって、運営主体が異なります。どのような仕組みになっているのでしょうか。【酒井雅浩】

給付費の公費負担割合は 国保半額、健保なし

 日本の公的医療保険制度は1961年に創設された。かかった医療費のうち、患者の自己負担は年齢によって1~3割。9~7割が保険の運営主体から支払われる。財源は保険料のほか、国や自治体の税金。

 加入する保険は年齢や職業で分かれている。自営業者らが入る市町村の国民健康保険(国保)▽民間企業の従…

この記事は有料記事です。

残り1397文字(全文1659文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  4. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです