メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読み解きワード

公的医療保険制度 高齢世代を現役が支援

 日本の医療保険制度は、国民全員が加入する「国民皆保険」ですが、会社員、自営業者、定年退職した人といった立場によって、運営主体が異なります。どのような仕組みになっているのでしょうか。【酒井雅浩】

給付費の公費負担割合は 国保半額、健保なし

 日本の公的医療保険制度は1961年に創設された。かかった医療費のうち、患者の自己負担は年齢によって1~3割。9~7割が保険の運営主体から支払われる。財源は保険料のほか、国や自治体の税金。

 加入する保険は年齢や職業で分かれている。自営業者らが入る市町村の国民健康保険(国保)▽民間企業の従…

この記事は有料記事です。

残り1397文字(全文1659文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  2. 富士通 早期退職に2850人
  3. 漫画で解説 どうしてかむの?の巻
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 官房長官記者会見 申し入れ文書撤回求める緊急声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです