メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメリカンフットボール

悪質タックル 日大前監督主張を全否定 「虚偽 信用性なし」 関東学連

 関東学生アメリカンフットボール連盟が29日に明らかにした日本大の内田正人前監督(62)と井上奨元コーチ(29)への除名処分は、これまでの日大側の説明を真っ向から否定した。あいまいな回答をした指導陣を「供述は虚偽」と断じる一方で、悪質なタックルをした宮川泰介選手(20)やチームには秋のリーグ戦の復帰にも含みを残し、学生を守る姿勢を鮮明にした。日大は異議申し立てはしない意向だ。【倉沢仁志、村上正】

 関東学連によると、除名処分が承認されたのは初めて。東京都内で行われた記者会見は、報道陣150人が集…

この記事は有料記事です。

残り802文字(全文1051文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  2. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  3. 変幻自在・西川貴教 ももクロ背にT.M.R熱唱で幕 イナズマロック

  4. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  5. ORICON NEWS 相葉雅紀、ツーリング企画が海外進出 バイク大国ベトナム・ホーチミンへ 『嵐にしやがれ』5日間連続発表第3弾

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです