メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメリカンフットボール

悪質タックル 日大の内田・前監督を除名 指示認定 井上・元コーチも 関東学連

 日本大アメリカンフットボール部による悪質タックルについて調査した関東学生連盟は29日、内田正人前監督(62)と井上奨(つとむ)元コーチ(29)を最も重い除名処分としたと発表した。事実上の永久追放処分となる。内田前監督と井上元コーチの主張は虚偽と断じ、反則行為を指示していたと判断した。

 関東学連によると、森琢ヘッドコーチは2番目に重い資格剥奪(登録抹消)、悪質なタックルで関西学院大選手を負傷させた宮川泰介選手(20)とチームは今季の公式試合出場停止処分とした。ただし宮川選手とチームへの処分は、再発防止策などの理事会承認を条件に解除するとし、今秋のリーグ戦に出場する可能性は残された。関東学連による除名処分は初で、1カ月以内に開催予定の加盟チーム代表らによる社員総会で承認を得る必要がある。

 関東学連によると、理事ら4人で構成する規律委員会は日大、関学大の関係者や審判ら約20人から聞き取り…

この記事は有料記事です。

残り667文字(全文1064文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

  2. 「助けて…」用水路で流される80代女性救助 女子高生に感謝状 愛媛・新居浜

  3. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  4. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

  5. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです