大阪市

“保活”現場で異変 保育所、あえて落選

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大阪市の保育施設利用申請書のサンプル
大阪市の保育施設利用申請書のサンプル

待機児童ゼロを目指す大阪市 保護者、育休延長狙う

 「絶対に入れない保育所を教えて」--。待機児童ゼロを目指す大阪市の“保活”現場で異変が起きている。昨秋、保育所に入れなかった場合に育児休業(育休)期間と育休給付金受給を延長する国の制度が拡大されたが、育休を延長するには「入れない証明書」が必要で、あえて落選を狙うケースが表面化した。吉村洋文市長は「制度上の問題だ」として31日に厚生労働省を訪れ、加藤勝信厚労相に直接、改善を申し入れる。【林由紀子】

 市保育企画課が、今年4月からの入所を申し込み、落選した育休中の保護者453人を調査。うち36%の163人は区役所との面談で「絶対に入れない保育所はどこか」「(入れないことを証明する)保留通知はどうすればもらえるか」と尋ねるなど、入所の意思がないと分かった。背景には「もう少し子どもと一緒にいたい」と望んだり、復職のタイミングを計ったりする親の事情があるとみられる。

この記事は有料記事です。

残り956文字(全文1363文字)

あわせて読みたい

ニュース特集