メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

iZoo

飼いきれないカメに“余生”を 巨大池完成

飼育されているカメたちを見る白輪剛史園長=静岡県河津町で、古川幸奈撮影

 飼いきれなくなったカメに“余生”を過ごしてもらおうと、静岡県河津町の爬虫(はちゅう)類・両生類動物園「iZoo(イズー)」が、個人などから引き取ったミシシッピアカミミガメ(ミドリガメ)のための巨大池を作った。5月20日に完成し、約8000匹を収容できる規模という。外来種のカメが各地で捨てられ繁殖するのが社会問題になっているが、さまざまな事情でやむを得ず手放す人も多いといい、白輪剛史園長(49)は「ここで幸せに寿命を全うしてほしい」と話す。【古川幸奈】

 「長年一緒に過ごした大切な家族。最後まで飼ってあげたかったのに申し訳ない」。大型連休半ばのある日、…

この記事は有料記事です。

残り645文字(全文923文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい
  4. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回
  5. 大相撲 終始無言の稀勢の里、歴史的な3連敗で大きな窮地

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです