メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

iZoo

飼いきれないカメに“余生”を 巨大池完成

飼育されているカメたちを見る白輪剛史園長=静岡県河津町で、古川幸奈撮影

 飼いきれなくなったカメに“余生”を過ごしてもらおうと、静岡県河津町の爬虫(はちゅう)類・両生類動物園「iZoo(イズー)」が、個人などから引き取ったミシシッピアカミミガメ(ミドリガメ)のための巨大池を作った。5月20日に完成し、約8000匹を収容できる規模という。外来種のカメが各地で捨てられ繁殖するのが社会問題になっているが、さまざまな事情でやむを得ず手放す人も多いといい、白輪剛史園長(49)は「ここで幸せに寿命を全うしてほしい」と話す。【古川幸奈】

 「長年一緒に過ごした大切な家族。最後まで飼ってあげたかったのに申し訳ない」。大型連休半ばのある日、…

この記事は有料記事です。

残り645文字(全文923文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相 「自民亭」出席問題なし 投稿の西村氏は注意
  2. 男性死亡 尻に空気、死因は窒息 茨城県警
  3. 2018年問題 変わる「非正規」のルール 4月と10月
  4. SDガンダム 飛駆鳥大将軍がガンプラに 大輝煌鳳凰、鳳凰要塞艦に変形
  5. 弁護士会 野村修也弁護士を懲戒 調査でプライバシー侵害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]