メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

iZoo

飼いきれないカメに“余生”を 巨大池完成

飼育されているカメたちを見る白輪剛史園長=静岡県河津町で、古川幸奈撮影

 飼いきれなくなったカメに“余生”を過ごしてもらおうと、静岡県河津町の爬虫(はちゅう)類・両生類動物園「iZoo(イズー)」が、個人などから引き取ったミシシッピアカミミガメ(ミドリガメ)のための巨大池を作った。5月20日に完成し、約8000匹を収容できる規模という。外来種のカメが各地で捨てられ繁殖するのが社会問題になっているが、さまざまな事情でやむを得ず手放す人も多いといい、白輪剛史園長(49)は「ここで幸せに寿命を全うしてほしい」と話す。【古川幸奈】

 「長年一緒に過ごした大切な家族。最後まで飼ってあげたかったのに申し訳ない」。大型連休半ばのある日、…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  4. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです