メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NZ男性

長時間拘束、禁止を 病院で心肺停止、遺族訴え

活動報告会で、元気だったケリー・サベジさんの写真とともに、長時間の身体拘束をなくすように訴える母マーサさん=東京都千代田区で2018年5月19日午後1時半ごろ、銭場裕司撮影

 日本で英語教員をしていたニュージーランド人男性が昨年5月、神奈川県の精神科病院で身体拘束を受けている間に容体が悪化し、死亡してから1年がたった。今月来日した母のマーサ・サベジさん(60)は厚生労働省に嘆願書を提出し「息子のような悲惨な死が二度と起こらないように、政府は身体拘束の問題を認めて法律を変えてほしい」と訴えた。

 亡くなったのはケリー・サベジさん(当時27歳)。双極性障害(そううつ病)の症状が悪化し、昨年4月末…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 純烈リーダー・酒井、無念の謝罪 以前DVの事実確認も友井が否定「わからなかった」
  2. ORICON NEWS 純烈リーダー・酒井、友井に会う可能性を否定「あいつは僕の中で死にました」
  3. 米グーグル 5000万人情報流出の恐れ 「グーグル+」を4月終了に前倒し
  4. ORICON NEWS NGT48、劇場公演中止を発表 25日以降はすべて「研究生公演」に変更へ
  5. 赤いダイヤ 揺れる巨大帝国 ファーウェイを襲った「ブラックスワン」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです