メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

勤労青少年ホーム

少子化、全国で半減 時代のニーズ探る

2019年度末までの廃止が決まった若松勤労青少年ホーム「ヤングプラザ」=北九州市で2018年4月26日、西嶋正法撮影

 働く若者の趣味やサークル活動の場として親しまれた「勤労青少年ホーム」の廃止が全国で相次ぎ、昨年度の施設数はピーク時の537カ所の半数近い290カ所以下に減ったことが、厚生労働省への取材で分かった。若者人口の減少や施設の老朽化が主な理由だが、利用者が若者から高齢者にシフトするなど一定のニーズがある施設も少なくない。専門家は「時代に応じた複合的な施設に転換を図るべきだ」と指摘する。【西嶋正法】

 「昔はロビーに若い人があふれ、ここで出会って結婚した人もたくさんいた」。2019年度末までの廃止が…

この記事は有料記事です。

残り953文字(全文1200文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  2. 小嶺麗奈容疑者、過去に薬物撲滅のCM出演 大麻取締法違反容疑で逮捕
  3. 元NGT山口さん放送に「チャンネル変えて」 投稿の加藤美南さん降格、全メンバーSNS停止
  4. 天空の城ラピュタ ムスカのサングラスが初商品化 パズーの飛行士用ゴーグルも
  5. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです