メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

親方とつかんだ大関 栃ノ心、30歳7カ月で昇進

大関昇進の伝達を受け、春日野親方(右)と乾杯する栃ノ心=東京都墨田区の春日野部屋で2018年5月30日午前9時34分、和田大典撮影

 「親方の教えを守り、力士の手本となるように、稽古(けいこ)に精進します」。30日に日本相撲協会の理事会と名古屋場所の番付編成会議で大関昇進が正式に決まったジョージア出身の関脇・栃ノ心(30)=春日野部屋=は、東京都墨田区の春日野部屋で行われた伝達式で、そう口上を述べた。前日に「緊張している。寝られないかもしれない」と語っていた通り表情は硬かったが、大関への覚悟を示した。

 栃ノ心は伝達式後の記者会見で、口上について「18歳で日本に来て言葉も相撲も知らなかったが、親方にゼ…

この記事は有料記事です。

残り485文字(全文722文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  2. 「ダンス オブ ヴァンパイア」公演チケット 不正に大量購入の被害

  3. 五輪特需見込む スナック、キャバクラなど営業延長 警視庁検討

  4. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」

  5. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです