メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロヒンギャ

「移動」奪われ ミャンマー政府へ不信なお

フェンス越しにミャンマー政府への不信感を訴えるロヒンギャの男性(中央)=ラカイン州北部のバングラデシュとの国境地帯で2018年5月28日、西脇真一撮影

 「戻っても隔離生活が続くのでは」。バングラデシュとの国境沿いに続く柵の向こう側で、ミャンマーから逃れた少数派イスラム教徒ロヒンギャの男性が懸念した。ミャンマーへの帰還作業は大幅に遅れ、約70万人といわれる避難民はバングラ側に残ったまま。その背景の一つが、ロヒンギャのミャンマー政府に対する不信感だ。これを和らげ、帰還開始につなげることはできるのか。【シットウェ(ミャンマー西部)西脇真一】

 ミャンマー西部ラカイン州の州都シットウェから国軍ヘリで約1時間。28日、日本の丸山市郎駐ミャンマー…

この記事は有料記事です。

残り972文字(全文1217文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  2. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです