メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名人戦

羽生が封じ手 2筋の攻防が焦点 第5局1日目

立会の青野照市九段(右)に封じ手を渡す挑戦者の羽生善治竜王(左)。中央奥は佐藤天彦名人=名古屋市中区の万松寺で2018年5月29日午後6時37分、大西岳彦撮影

 佐藤天彦(あまひこ)名人(30)に羽生善治竜王(47)が挑戦し、名古屋市の万松寺で29日始まった第76期名人戦七番勝負第5局(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛、万松寺協力)は午後6時半、羽生が39手目を封じて1日目を終えた。持ち時間各9時間のうち消費時間は羽生4時間32分、佐藤3時間37分。30日午前9時に対局を再開する。

 佐藤は3連覇、羽生はタイトル獲得数100期と名人通算10期の大台達成を目指す。第4局まで先手番が勝って2勝2敗で両者が並んでいる。

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文506文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  2. 緊急事態宣言「非常に切迫」 西村経済再生相、東京の118人感染判明受け

  3. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  4. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  5. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです