AYA世代

発症しやすいがん 30代「乳がん」トップ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
小児・AYA世代に多いがん
小児・AYA世代に多いがん

20代は卵巣や精巣がん 国立がん研究センター年代別分析

 国立がん研究センター(東京都中央区)は30日、15~39歳の「AYA世代」と呼ばれる若年層で発症しやすいがんの種類の年代別分析をまとめ、同センターのウェブサイト「がん情報サービス」で公表した。20代は卵巣がんや精巣がんが多く、30代では乳がんがトップだった。14歳以下の小児や中高年に比べ、治療体制や支援が不十分とされるこの世代のがんの罹患(りかん)状況がまとまったのは初めて。

 都道府県が管内の医療機関で診断されたがん患者を登録する地域がん登録データのうち、2009~11年に精度が国際基準を満たした27府県(国内人口の36.8%)のデータを基にし、小児がんも07年以来、約10年ぶりにデータを更新した。

この記事は有料記事です。

残り1113文字(全文1444文字)

あわせて読みたい

ニュース特集