メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サンティアゴ巡礼道の風景

歩きながら思索 自分と向き合う貴重な時間

もう何日も雨が降らず、巡礼道は真っ白に乾いていた

 実際に巡礼道を歩きたいと思ったら、まずは現地までの航空券を手配しよう。近年はLCCと呼ばれる格安航空会社も増えてきたが、まだ日本とヨーロッパを直接結ぶようなものはあまり見あたらない。とはいってもLCCの普及に伴ってか、既存の航空会社もある程度価格を抑えたチケットを用意するようになったので、そんなところから選んでみよう。早めの予約、そして大型連休や夏休み期間など、日本のピークシーズンを外すのがコツだ。

 現地での具体的な情報は、巡礼に関するガイドブックを参考にしよう。メインルートである「フランス人の道」に関しては日本語のものもいくつか出ているので、そこから選ぶのがてっとり早い。そのいっぽう、それ以外の巡礼道については、日本語のものはあまり見かけないので、英語版などで探すことになる。

この記事は有料記事です。

残り1320文字(全文1664文字)

佐藤徹也

さとう・てつや 1964年東京都出身。高校生時代より山登りに勤しみ、大学に入ってからはアジア、ヨーロッパ、北アフリカなどへの長期旅へ。その後、「山と溪谷社」などいくつかのアウトドア系出版社に勤務ののちに独立。現在はフィールドは限定せず、また期間の長短にかかわらず、「歩く旅」の可能性を模索している。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  2. 麻生財務相 臨時休校中の学童保育負担「つまんないこと」 新型肺炎対策

  3. 名古屋・河村市長「柔軟に考えたらどうか」 一転して卒業式「中止」から実施へ

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 金沢市長、新型肺炎対策での休校「2日からは考えていない」「時間がない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです