メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若松孝二とその時代

(2)白石和彌さんインタビュー/下 愛弟子が見た若松監督の知られざる素顔

ありし日の若松孝二監督

 若松孝二監督の遺志を受け継いできた映画関係者らが製作した映画「止められるか、俺たちを」が10月、東京・テアトル新宿ほか全国で順次公開される。連載企画「若松孝二とその時代」第2回も、本作の呼びかけ人であり、監督も務めた白石和彌さんへのインタビュー(後半)をお届けする。若松孝二とはどんな人物だったのか、なぜ映画を目指す若者たちを魅了したのか。愛弟子の一人だった白石監督が見た若松監督の知られざる素顔を活写する。【鈴木隆】

 --若松監督との出会いは。

 白石 中村幻児監督が主宰する映像クリエーターの育成組織「映像塾」に通っていて、その顧問が深作欣二監督と若松監督でした。若松さんは半年に1回程度教えに来ていました。そのころ、若松プロダクションで佐野史郎さん出演の「標的 羊たちの哀(かな)しみ」という映画の助監督を探していたので、すぐに「やりたいです」と手を挙げました。1996年の1月か2月だったと思います。

この記事は有料記事です。

残り3566文字(全文3970文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  2. 神戸市立小学校でクラスターか 児童と教員ら計27人が感染 25日まで臨時休校

  3. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

  4. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです