メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

志都美小2017年度

2018年5月報告=2年目の春

2年目の春

 本校の生態園も2年目を迎えることになりました。昨秋に、ノースポール、キンセンカの苗を植えて以来手を入れていませんが生態園の花壇には、ニオイスミレ、ナデシコ、ホウキ草、コスモスなどの花々が芽吹いて、春先から美しい花を咲かせてくれています。

     虫たちの活動も活発になり、アゲハやツマグロヒョウモンの幼虫が見つかっていますし、それを狙ってか野鳥も多くやってくるようになりました。新4年生の子どもたちも昨年の4年生に習って観察を続けることになりました。

    サクラ

    ○今日ぼくは桜を観察してみました。葉がギザギザで、カマキリの手みたいでした。桜も少しだけのこっていました。友達と一緒に観察しました。桜の花もきれいだった。

    タンポポ

    ○ぼくは、タンポポのことについて調べました。タンポポのわた毛は、プロペラのようなわた毛で空をとびます。タンポポの根っこは、太い根っこが、地中に深く延びていて、長いものでは、約1メートル近くにもおよびます。この観察でタンポポがコンクリートのすき間でさくひみつがわかりました。

     ★めっちゃ関西「生態園をつくろう」のトップページはこちら>>

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 夏の高校野球 秋田県民「正直驚いた」金足農快進撃のなぜ
    2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
    3. 大阪市有識者懇 天王寺動物園「独法化」提言 全国でも初
    4. ORICON NEWS 安室奈美恵、引退前夜に故郷沖縄でライブ 異例のフェス形式「とても光栄」
    5. 台風20号 あす西日本接近

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです