メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2年目の春

 本校の生態園も2年目を迎えることになりました。昨秋に、ノースポール、キンセンカの苗を植えて以来手を入れていませんが生態園の花壇には、ニオイスミレ、ナデシコ、ホウキ草、コスモスなどの花々が芽吹いて、春先から美しい花を咲かせてくれています。

     虫たちの活動も活発になり、アゲハやツマグロヒョウモンの幼虫が見つかっていますし、それを狙ってか野鳥も多くやってくるようになりました。新4年生の子どもたちも昨年の4年生に習って観察を続けることになりました。

    サクラ

    ○今日ぼくは桜を観察してみました。葉がギザギザで、カマキリの手みたいでした。桜も少しだけのこっていました。友達と一緒に観察しました。桜の花もきれいだった。

    タンポポ

    ○ぼくは、タンポポのことについて調べました。タンポポのわた毛は、プロペラのようなわた毛で空をとびます。タンポポの根っこは、太い根っこが、地中に深く延びていて、長いものでは、約1メートル近くにもおよびます。この観察でタンポポがコンクリートのすき間でさくひみつがわかりました。

     ★めっちゃ関西「生態園をつくろう」のトップページはこちら>>

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
    2. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
    3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
    4. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
    5. 東京地裁 目黒女性殺害、被告が殺人罪否認、遺棄は認める

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです