メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ファッションショー

おしゃれ、性の垣根越える 「女性装」安冨教授ら企画 男性用ワンピなど披露 来月、東大で

ブローレンヂの松村智世さん(左)と、松村さんがデザインしたワンピースを着る男性=ブローレンヂ提供

 性別で区別せず自由な服装を楽しむことで、社会の新たな可能性を探るファッションショーが6月3日、東京大学安田講堂(東京都文京区)である。「女性装」で知られる東大東洋文化研究所の安冨歩教授(55)らが企画した。ショーには性的少数者も参加。男性の骨格に合った可愛いワンピースなどを披露する。シンポジウムもあり、主催者は「ファッションから男女の垣根を取り払うことで、社会の多様性について考えたい」と話している。【倉田陶子】

 安冨教授と、既製服ブランド「blurorange(ブローレンヂ)」(大阪市)代表でデザイナーの松村智世さん(32)が企画する。

この記事は有料記事です。

残り777文字(全文1049文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  2. 常夏通信 その45 74年目の東京大空襲(32) 生後2時間、大阪大空襲で左足を失った女性

  3. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  4. 「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 首相のコロナ語録

  5. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです