メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

「ゆずりは」来月から上映 八千代が舞台、コロッケさん主演 15日にトークショー /千葉

 八千代市を舞台にした映画「ゆずりは」の上映が6月16日から、全国約70館で始まる。葬儀社員が「生と死」に向き合う物語で、タレントのコロッケさん(本名滝川広志さん)が主演。八千代市民延べ約100人がエキストラとして参加している。6月15日には市内で出演者によるトークショーや先行上映会が開かれる。

 「ゆずりは」は、新谷亜貴子さんの小説「ゆずりは」(銀の鈴社)が原作。葬儀社に勤めるベテラン社員と新入社員が、現場で人々の悲しみや愛に触れながら自身の迷いや葛藤と向き合う。主人公のベテラン社員役をコロッケさんが本名の「滝川広志」として初主演する。

 制作会社「アジアピクチャーズエンタテインメント」によると、原作の「東京近郊の小さな町」というイメー…

この記事は有料記事です。

残り451文字(全文772文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  4. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
  5. WEB CARTOP 高速道路が渋滞していても一般道に降りないほうがいいワケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです