メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

青梅市

都の補助金使い「梅の公園」整備方針 /東京

 青梅市は都の補助金を活用して、市内にある観梅の名所「梅の公園」の整備促進を図る方針を固めた。ウイルス感染で1700本以上あったすべての木の伐採を余儀なくされた梅の再植樹に加え、公園内の園路の舗装改修などを行うことで、観梅シーズンの来園者の回復に弾みをつける狙いだ。

     市が活用を検討しているのは、都の多摩・島しょ地域観光施設整備等補助金。7月までに3500万円を申請する方針だ。認められると、園路の舗装改修費の一部について、都の補助金で2分の1以内を賄えるという。

     小池百合子知事は17日の同市視察で、市の梅の里再生事業を支援する考えを示している。市は申請が認められ次第、今秋にも改修に着手したい考えだ。

     市は2016年から梅の再植樹に取り組んでおり、今春の来園者は3万人弱に回復した。市は都や国と連携してウイルス感染防除に努め、再植樹エリアのさらなる拡大を目指す考えだ。【熊谷泰】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
    2. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
    3. 大阪震度6弱 安倍首相、21日に被災地視察
    4. 野球漫画 「ドカベン」46年で完結 28日発売号で
    5. カナダ 地下鉄ホームから突き落とされ死亡 日本人男性か

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]