メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飯綱高原スキー場

「民間譲渡を検討」 長野市長表明 /長野

 長野市の加藤久雄市長は30日、定例記者会見で、市が運営する飯綱高原スキー場の民間譲渡を検討していることを明らかにした。加藤市長は「温暖化や老朽化も進んで入場者も少なく、大幅な赤字。スキー場の閉鎖や民間譲渡も含めて検討し、今後はグリーンシーズンに力を入れていきたい」と語った。

     市によると、同スキー場では市開発公社への指定管理料など、年間1億円前後の運営経費がかかっている。雪不足などの影響で赤字が続いており、雪が少なく営業期間が短かった16年度は約640万円、12月下旬から営業できた17年度は約150万円の赤字。17年度のスキー場利用客数は約4万人だった。

     市は18年度中に譲渡先を公募し、20年度から運営を任せる方針。譲渡先が見つからない場合、閉鎖も検討するという。

     また、長野市は同日、2億2530万円の一般会計補正予算案を発表した。主な事業は、市内6カ所の融雪災害などによる道路復旧費1億5350万円▽障害福祉システム改修費1046万円▽朝陽小学校体育館の耐震化のための改築事業費4725万円--など。6月7日開会の市議会定例会に提出する。【安元久美子】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大阪震度6弱 M6.1 3人死亡91人けが
    2. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
    3. 地震 大阪府北部で震度6弱
    4. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
    5. 高校バスケット 審判に暴行映像、SNSで一気に広まる

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]