メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベンチ

野洲「市民の会」、甲賀の障害者作業所に贈る 活動、県全域へ /滋賀

「野洲らぎのベンチ」の周囲に集まった信楽くるみ作業所の利用者ら=滋賀県甲賀市信楽町長野で、濱弘明撮影

 障害のある人が陶製の小物などを製作している甲賀市信楽町の「信楽くるみ作業所」に新しい憩いの場ができた。野洲市を中心に活動してきたグループ「『野洲(やす)らぎのベンチ』を設置する市民の会」が今月、3人掛けのベンチを市外で初めて寄贈。作業所の利用者らは早速、腰掛けて談笑していた。

 「市民の会」は2012年に発足。辻廣樹会長(62)が秋田県鹿角市の大湯温泉を訪れた際に腰掛けたベンチが、市民グループによる1口500円の「ワンコイン募金」で贈られていることを知り、すぐに行動に移した。自身が野洲市民であることから「野洲らぎのベンチ」と命名した。募金箱を居酒屋などに…

この記事は有料記事です。

残り421文字(全文701文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. 新在留資格 送還拒否の一部の国を除外 法務省方針
  3. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
  4. 記者不明 「殺害の証拠発見」AP報道 サウジ総領事出国
  5. KYB 「建物、震度7にも大丈夫」 データ改ざんで検証

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです