メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

海上パトロール

不法投棄撲滅! 府警、海保など30人参加 舞鶴 /京都

合同海上パトロールに向けて、関係機関にあいさつする奥野哲也・舞鶴海保警備救難課長(手前)=京都府舞鶴市松陰の舞鶴港大野辺桟橋で、鈴木健太郎撮影

 海への不法投棄を見回る合同海上パトロールがこのほど、舞鶴市沖であった。府が定める「不法投棄等防止旬間」(今月21~30日)の一環として実施。今年度、府警に発足した沿岸警ら隊や舞鶴署、舞鶴海保、府港湾局、中丹東保健所など関係機関約30人が参加し、海上や沿岸からのごみ、廃液など廃棄物の投棄がないかを確…

この記事は有料記事です。

残り197文字(全文347文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. アフリカン・ライフ リアル北斗の拳? 鉄道略奪・ケーブル盗の素顔 後編

  4. AED使用時にプライバシー保護 和歌山の高校生が上半身覆うシート作製、配布

  5. ORICON NEWS 嵐、大みそか生配信ライブの詳細発表 FC会員に紙チケット発行、見逃し配信なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです