メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高槻城跡

発掘調査 城主の右近が埋めた? 戦国時代の堀見つかる /大阪

発掘調査で見つかった戦国時代の堀=大阪府高槻市野見町で、松本紫帆撮影

 江戸時代に国外追放されたキリシタン大名、高山右近(1552年ごろ~1615年)が城主を務めた高槻城跡(高槻市)から、右近が埋めたとされる戦国時代の堀が見つかった。当時は城の防御機能強化などのために、城郭の拡張が進んだ時期だったとされ、関係者は「戦乱期に備え、右近が新たな城づくりを進めようとした過程がわかる貴重な発見」と話している。【松本紫帆】

 江戸時代の二の丸跡に当たる「城跡公園野球場跡地(同市野見町)」の発掘調査で見つかり、市教委が30日…

この記事は有料記事です。

残り471文字(全文694文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強
  2. 鳥栖・中1いじめ 謝罪の市 提訴で態度一変「知らない」
  3. 絶滅危惧種 シダ植物自生地ほぼ壊滅 公益財団法人が伐採
  4. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  5. 欧州ニュースアラカルト サマータイム EUは廃止の是非を検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです