メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三田の野焼き問題

市の法解釈「妥当でない」 「例外」巡り、オンブズ調査結果 /兵庫

調査結果の通知書を兵庫県三田市の森哲男市長に手渡す三田市オンブズパーソンの曽和俊文・関学大大学院教授(中央)と西野百合子弁護士(左)=同市役所で、粟飯原浩撮影

 農家の野焼きを巡って三田市と三田署の見解が対立している問題に絡み、市オンブズパーソンは30日、市の法解釈が「妥当ではない」との調査結果をまとめた。そのうえで、市に解決策を具体的に検討するよう求めた。【粟飯原浩】

解決へ、市に具体策求める

 野焼きは廃棄物処理法で原則禁止とされているが、政令で「営農のためやむを得ない焼却」は例外とし、通知で「稲わらなどの焼却が考えられる」と例示している。例外に当たるかを判断するのは市町村の事務だ。一方で、市は昨年、農家が稲わらなどを焼くことに「やむを得ない理由は必要ない」との解釈を打ち出した。

 農家の野焼きを幅広く容認する姿勢を取ったことから、「農家の野焼きでもやむを得ないのかどうかは個別に…

この記事は有料記事です。

残り841文字(全文1155文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮内庁 永久保存の公文書1冊が所在不明
  2. プレスリリース ジャイアントパンダの赤ちゃん(2日齢) 母親「良浜(らうひん)」からの授乳を確認できました(共同通信PRワイヤー)
  3. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  4. 富田林署逃走 捜査かく乱か ひったくり携帯投棄の疑い
  5. 2歳児保護 見つけた尾畠さん「ぼく、ここ」うれしかった

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです