メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インテリアライト

パンで製作 温かな光が評判 中身は食べます 神戸・モリタ製パン所 /兵庫

薄明かりの中で光るパンプシェード=神戸市中央区で、木田智佳子撮影

 一見、パン。でも光る--神戸市のアーティスト、森田優希子さん(32)が、廃棄される運命だったパンから試行錯誤して生み出したインテリアライト。SNSなどで評判になり、フランスなど海外の展示会や雑誌でも取り上げられた「光のパン」は、神戸・北野の小さなアトリエ「モリタ製パン所」で、森田さんと3人のスタッフが一つ一つ手作業で製作している。【木田智佳子】

 森田さんは、神戸市内の高校を卒業後、京都市立芸術大で版画を学んだ。学生時代にパン屋でアルバイトをし…

この記事は有料記事です。

残り580文字(全文804文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです