メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大和高田市立図書館

電子書籍で若者を呼べ 7月1日から貸し出し 参考書、漫画も追加予定 /奈良

電子書籍を貸し出す奈良県大和高田市立図書館=同市西町で、稲生陽撮影

 大和高田市立図書館は7月1日から、タブレットやスマートフォンで読める電子書籍の貸し出しを始める。県内では広陵、斑鳩の町立図書館に続き3館目という。貸し出し利用率の低い若者世代の取り込みが狙いで、英会話など資格試験の参考書や漫画、小さな子供に見せる動く絵本などもそろえるという。【稲生陽】

 同館は2015年から民間の「図書館流通センター」が指定管理している。蔵書は13万冊あるが、敷地の狭さから新しい本を多く並べるのが難しく、貸し出しの利用者も60歳以上が多いという。

 電子書籍は登録者がホームページの電子図書館リストにある書籍データを自分の電子端末にダウンロードする…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 外国人保育施設「無償化から外れる?」 保護者ら不安、母語での保育「貴重」
  3. 熊本地震3年 「ワンピース」のキャラクター像8体 設置自治体を決定 熊本県
  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警
  5. 直前「胸騒ぎ」で井戸 命つなぐ 神戸の92歳、二つの大地震の経験生かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです