モリアオガエル

梅雨間近、枝に「卵塊」 広島・植物公園 /広島

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
モリアオガエルのつがい=広島市植物公園提供
モリアオガエルのつがい=広島市植物公園提供

 梅雨入りを間近に控え、広島市植物公園(佐伯区)でモリアオガエルの産卵が始まった。木の枝に卵塊が付着している様子を6月末まで見られるという。

 カエルの産卵は一般的に水中で行われるが、モリアオガエルは水面上にある木の枝先に産むのが特徴。泡状の長さ約10センチの白い卵塊を作る。卵は約1週間するとふ化し、…

この記事は有料記事です。

残り178文字(全文328文字)

あわせて読みたい

注目の特集