メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

瀬戸大橋

開通30年記念 中止の花火大会、8月に 県、坂出で1万5000発 /香川

 4月に荒天で中止になった瀬戸大橋開通30周年を記念した花火大会について、県は8月11日に坂出市である「さかいで大橋まつり」で開催することを決めた。4月に用意していた花火をそのまま使うといい、1万5000発の花火が打ち上げられる。

     花火大会は4月7日夜に開かれる予定だったが、強風のため当日に中止を決定した。県民から「打ち上げなかった花火はどうなるのか」「もう一度できないか」などの声が寄せられ、県が対応を検討していた。

     4月は警備費用や花火代に約4000万円がかかった。今回は花火代約1300万円は不要だが、警備費用などは再び必要になる。浜田恵造知事は21日の記者会見で「花火大会を開催でき、うれしく思う。交流人口の拡大を実現できる」と語った。

     花火大会は坂出港中央ふ頭で午後8~9時に開く予定。荒天の場合は8月18日に延期する。【岩崎邦宏】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 遭難父子 遺体発見 沢で寄り添うように 新潟の山中
    2. 加計と日大問題 似た構図、丸山真男の「無責任の体系」か
    3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
    4. 選挙 立川市議選 新議員28人決まる /東京
    5. JR大宮駅 駅員の胸たたいた容疑 世田谷区の女職員逮捕

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]