メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

坊っちゃん文学賞

今年度は作品募集せず 9月に審査員トーク /愛媛

 松山市は、新人作家の登竜門となる「坊っちゃん文学賞」について今年度は作品の募集をしないと発表。審査員の1人である早坂暁さんが昨年12月に死去したことや賞の創設から30年という節目を迎えたことを踏まえ、今年度は一度立ち止まって考える機会にするといい、9月には審査員の椎名誠さん、中沢新一さん、高橋源一郎さんを招いたトークイベントを開催する。

 今年度はほかに、歴代の大賞作品を収録した作品集を制作し、賞の軌跡や功績を振り返るという。市文化・ことば課などによると、賞は市制100周年を記念して1988年に新しい青春文学の創造と松山の文化的なイメージアップを目的に創設。2年ごとに受賞作を発表していた。第4回大賞の「がんばっていきまっしょい」(敷村良子)は映画やテレビドラマ化されるなど、青春文学の登竜門としても浸透してきた。

この記事は有料記事です。

残り125文字(全文485文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  2. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  3. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  4. 国内の感染者、4万人超える 東京で新たに258人 大都市中心に拡大続く

  5. 愛知の新規感染者125人 7日連続で100人超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです