メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドキュメンタリー映画

原爆残り火、パレスチナへ 電通社員が平和活動追う 来月2日、上映 /愛媛

ドキュメンタリー映画「BE FREE! 原爆の残り火をパレスチナへ」を監督した鈴木聡さん=鈴木さん提供

 福岡県八女市にともされ続けている原爆の残り火を、中東などに届けているNPO法人「アースキャラバン」(京都市、野本祐子理事長)の平和活動を追ったドキュメンタリー映画「BE FREE! 原爆の残り火を、パレスチナへ」が6月2日、松山市道後姫塚の松山神泉園ユースホステルで上映される。監督した電通社員の鈴木聡さん(47)は「映画を見て内容を友人に話したり募金をしたり、自分が世界の戦争など悲惨な状況を何とかしようという意識を持ってもらえたら」と話している。【花澤葵】

 アースキャラバンの活動は、同法人を設立した平和活動家で浄土宗和田寺京都道場の住職、遠藤喨及(りょう…

この記事は有料記事です。

残り694文字(全文975文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです