アートになった猫たち展

江戸後期から近現代の213点 大分市美術館 /大分

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 江戸時代から現代までの猫に関するアート作品を集めた「アートになった猫たち展」が大分市美術館(同市上野)で開催されている。7月1日まで。

 江戸時代後期から近現代までの猫をモチーフにした芸術作品213点を展示。うち148点は江戸時代~明治の浮世絵を含む版画で、歌川国芳、歌川広重ら人気絵師が描いた作品を…

この記事は有料記事です。

残り154文字(全文304文字)

あわせて読みたい

ニュース特集