メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ガソリン価格

150円超 中東緊迫で3年5カ月ぶり

 経済産業省資源エネルギー庁が30日に発表した28日時点のレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格は、前回調査(21日時点)より1円90銭高い151円で、2014年12月以来3年5カ月ぶりに150円台をつけた。中東情勢の緊迫化などに伴う原油価格の上昇が要因で、家計や企業を圧迫しそうだ。

 ガソリン価格は6週連続の上昇で、46都道府県で値上がりした。トランプ米政権がイラン核合意からの離脱を表明し、…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文510文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. ユネスコ無形文化遺産で初の抹消 ベルギーのカーニバル「山車に人種差別的表現」

  3. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  4. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  5. 職員2700人、給与額流出 ほぼ全員分、住所や学歴情報も 青森・弘前市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです