特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

ウィキペディア

フェイクニュース淘汰する仕組み

  • コメント
  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ウィキメディア財団の本部で働く従業員ら=米サンフランシスコで3日
ウィキメディア財団の本部で働く従業員ら=米サンフランシスコで3日

 誰もが自由に編集に参加できるインターネット百科事典「ウィキペディア」。フェイク(偽)ニュースが拡散する中、誤りや偏見が掲載されるリスクは大きくなっていないのか。運営する非営利組織「ウィキメディア財団」を訪ねると、編集に参加する人たちの自主性に任せることで偽情報は淘汰(とうた)されると説明を受けた。その仕組みには中立性や正確性を維持するヒントがあるように感じた。【米サンフランシスコで長野宏美】

この記事は有料記事です。

残り1846文字(全文2044文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集