メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

首相より先か後か 出馬表明、悩む石破氏

自民党石破派の政治資金パーティーで講演する石破茂元幹事長=東京都千代田区で2018年5月30日午後5時57分、渡部直樹撮影

 自民党の石破茂元幹事長が9月の党総裁選に向けて出馬を表明するタイミングを探っている。石破氏の出馬は確実とみられているが、安倍晋三首相(総裁)に先駆けて早々に表明すべきか、告示間際まで情勢を見極めるべきか、石破派内でも意見が割れている。【高橋恵子】

 石破氏は30日、石破派(20人)の政治資金パーティーを東京・紀尾井町のホテルで開いた。石破氏は「3年前の総裁選は安倍総裁のほかに立候補がなく無投票だった。9月の総裁選が無投票ということは決してあってはならない」と出馬に意欲を示したが、表明は見送った。

 そのうえで「今国会は6月20日までで、延長があると言われている。その間は総裁選について発言することは控えなければならない。それがたしなみだ」と語り、今国会閉会後に出馬を表明する考えを示唆した。

この記事は有料記事です。

残り571文字(全文918文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

  2. フィギュアスケート NHK杯 高橋、34歳の新世界 アイスダンス初公式戦 「上出来」の2位発進

  3. 視聴室 十三人の刺客

  4. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  5. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです