メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

首相より先か後か 出馬表明、悩む石破氏

自民党石破派の政治資金パーティーで講演する石破茂元幹事長=東京都千代田区で2018年5月30日午後5時57分、渡部直樹撮影

 自民党の石破茂元幹事長が9月の党総裁選に向けて出馬を表明するタイミングを探っている。石破氏の出馬は確実とみられているが、安倍晋三首相(総裁)に先駆けて早々に表明すべきか、告示間際まで情勢を見極めるべきか、石破派内でも意見が割れている。【高橋恵子】

 石破氏は30日、石破派(20人)の政治資金パーティーを東京・紀尾井町のホテルで開いた。石破氏は「3年前の総裁選は安倍総裁のほかに立候補がなく無投票だった。9月の総裁選が無投票ということは決してあってはならない」と出馬に意欲を示したが、表明は見送った。

 そのうえで「今国会は6月20日までで、延長があると言われている。その間は総裁選について発言すること…

この記事は有料記事です。

残り618文字(全文918文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  5. 軽量タイヤホイール 熱可塑性カーボンで従来の半分 赤磐の板金加工会社が開発 数年後の量産化へ /岡山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです