メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディア時評

憲法より優位の安保条約=江上能義・早稲田大名誉教授

 戦後の沖縄にとって初めての憲法記念日は、1965年5月3日だった。米国統治下にありながら、自らの手で獲得するとして立法院の決議で法定祝祭日に指定されたのである。72年に本土復帰し、沖縄の人々は「これで沖縄も憲法に守られる」と思った。だが現実は違った。復帰して46年にもなるのに、沖縄はいま「憲法番外地」と揶揄(やゆ)されている。

 日本国憲法は前文で「平和のうちに生存する権利」をうたっている。だが復帰後も米軍基地が集中する沖縄では、米軍機による事故や墜落の恐怖と隣り合わせの日常生活が続き、平和的生存権の侵害を受けている。保護者らが署名運動をして米軍機の学校や保育園の上空飛行禁止を求めても、国は日米地位協定を理由に米軍への要請すら後ろ向きだ(毎日新聞5月3日朝刊)。

この記事は有料記事です。

残り502文字(全文837文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相、一律10万円「あれは政府の借金、さらに増やすのか」 再支給に否定的

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナ感染 派閥領袖で初めて

  5. 東京都内で新たに1175人の感染確認 重症者は158人 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです