メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若者フリーゾーン

「自分しか」使命感で起業 JobRainbow社長・星賢人さん(24)

=中村かさね撮影

 <くらしナビ おとなへステップ>

星賢人(ほし・けんと)さん

 東京大大学院に在学していた2016年1月、株式会社「JobRainbow(ジョブレインボー)」を起業しました。性的少数者(LGBTなど)が働きやすい企(き)業(ぎょう)の情報を集めた同名の口コミサイトや、LGBT専門の求人情報サイト「ichoose(アイチューズ)」を運営しているほか、企業や教育機関向けの研修も手がけています。

 立教大在学時、トランスジェンダーの友人がいました。戸(こ)籍(せき)上は男性の彼(かの)女(じょ)は就職活動を始め、エントリーシートの性別欄(らん)やリクルートスーツを選ぶ時点で壁(かべ)にぶつかりました。面接でカミングアウトしたところ、「うちにあなたのような人はいない」と言われ、途(と)中(ちゅう)で面接を切り上げられたこともあったそうです。友人は就職できないなら意味がないと大学を辞め、今は音…

この記事は有料記事です。

残り594文字(全文989文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ交付金で宇宙展示、トイレ改修、鐘… 佐賀県知事に議会で疑問噴出

  2. パシフィコなどでの大規模イベント誘致へ コロナ対策徹底、助成に応募多数 横浜

  3. 「全世代でGoTo事業停止を」専門家から噴き出す批判 東京都の高齢者自粛で

  4. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです