メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊抗議デモ 障害者ら声をあげ 仙台

強制不妊手術被害者への謝罪や障害者の人権などを訴えながらデモ行進する障害者ら=仙台市青葉区で2018年5月30日午後1時49分、喜屋武真之介撮影

 旧優生保護法(1948~96年)下で、障害者らが不妊手術を強いられた問題で、支援団体や障害者たちによる抗議デモが30日、仙台市中心部であり、約150人が違法性や被害者救済を訴えた。

 参加者は「国は強制不妊手術の被害者に謝罪しろ!」と書かれた横断幕を先頭に、北海道から沖縄県まで地域ごとに隊列を組んで…

この記事は有料記事です。

残り117文字(全文267文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. アフリカン・ライフ リアル北斗の拳? 鉄道略奪・ケーブル盗の素顔 後編

  4. AED使用時にプライバシー保護 和歌山の高校生が上半身覆うシート作製、配布

  5. ORICON NEWS 嵐、大みそか生配信ライブの詳細発表 FC会員に紙チケット発行、見逃し配信なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです