メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊抗議デモ 障害者ら声をあげ 仙台

強制不妊手術被害者への謝罪や障害者の人権などを訴えながらデモ行進する障害者ら=仙台市青葉区で2018年5月30日午後1時49分、喜屋武真之介撮影

 旧優生保護法(1948~96年)下で、障害者らが不妊手術を強いられた問題で、支援団体や障害者たちによる抗議デモが30日、仙台市中心部であり、約150人が違法性や被害者救済を訴えた。

 参加者は「国は強制不妊手術の被害者に謝罪しろ!」と書かれた横断幕を先頭に、北海道から沖縄県まで地域ごとに隊列を組んで…

この記事は有料記事です。

残り117文字(全文267文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  3. モルシ・エジプト元大統領死去 67歳 軍クーデターで13年解任
  4. 養護施設元職員、入所の男子中学生にわいせつ行為 児福法違反容疑
  5. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです