メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雑記帳

首都圏のイオン5店舗が6月1日から、福島県沖でとれた鮮魚コーナーを設ける…

 首都圏のイオン5店舗が6月1日から、福島県沖でとれた鮮魚コーナーを設ける。東京電力福島第1原発事故後、漁獲量や販路は回復しておらず、魅力を発信するため県や地元漁業者と企画した。

 県沖の魚は「常磐もの」と呼ばれ、人気を集めた。県が3年間、県沖の魚介類約2万6000点を検査し、全て国の放射性物質の基準…

この記事は有料記事です。

残り99文字(全文249文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです