メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

和歌山の資産家死亡

遺体から多量覚醒剤 第三者関与か

 和歌山県田辺市の金融・不動産関連会社社長、野崎幸助さん(77)が24日、自宅で死亡し、遺体から多量の覚醒剤成分が検出されたことが、捜査関係者への取材で分かった。何者かが故意に摂取させた可能性もあるとみて県警が調べている。野崎さんは資産家として知られていた。

     捜査関係者によると、野崎さんは24日夜に同市朝日ケ丘の自宅で倒れ、その後死亡が確認された。目立った外傷はなかったが、県警が司法解剖を実施したところ、体内から覚醒剤成分が検出された。致死量を上回っていた可能性があるという。

     県警は30日までに、野崎さん宅など関係先の現場検証や家宅捜索を複数回にわたって実施した。

     覚醒剤の多量摂取と死亡との関連を調べており、周辺の関係者から事情を聴いている。

     野崎さんは酒類販売業や金融業などを営み、高額納税者として度々公表されるなど、資産家として知られていた。2016年に出版した著書では多くの女性と交際した半生などを書いて週刊誌やテレビで取り上げられ、欧州の伝説上の放蕩児(ほうとうじ)になぞらえて「紀州のドンフアン」とも呼ばれた。【黒川晋史、砂押健太、後藤奈緒】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 加計学園 地震やW杯日本戦、会見設定を疑問視
    2. 地震 大阪・震度6弱 渋滞し松井知事が災害会議を欠席
    3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
    4. 大阪震度6弱 お店、徐々に再開 一部工場で操業停止続く
    5. ベッカム 日本VSコロンビア戦パブリックビューイングでお台場“降臨” 伝説のフリーキック披露 

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]