メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トヨタ

タクシーで優しい街に セダンからワゴンへ

利用客を待つ名古屋近鉄タクシーの「ジャパンタクシー」(右)と「クラウンセダン」=名古屋市中村区のJR名古屋駅前で2018年5月16日、井口慎太郎撮影

 タクシー車両の国内シェア8割を占めるトヨタ自動車が、生産する専用車をセダンタイプからワゴンタイプに切り替え、街の風景が変わり始めた。名古屋では法人タクシーの1割弱で新型車が導入され、今後、徐々に増えていく。2020年東京五輪・パラリンピックに向けて開発されたユニバーサルデザインの車両は、利用客の評判も上々だ。【井口慎太郎】

この記事は有料記事です。

残り848文字(全文1011文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  2. くらしナビ・ライフスタイル 口腔がん 進行前に発見を
  3. ORICON NEWS 堀ちえみ、口腔がん公表 ステージ4の告知「私は負けない!」
  4. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  5. がん・ステージ4からの眺め 食べて寝るだけで貴い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです